ニキーチン、ヴィクトル・イヴァノヴィチ

Никитин, Виктор Иванович
テノール
1911年2月12日生
1994年1月6日没
アレクサンドロフ・アンサンブルのソリスト 1938年~1969年1月10日所属
ロシア連邦共和国功労芸術家(1949年)※
労働赤旗勲章(1949年)※
 テノール歌手。1911年2月12日、サマラ州シズラニに生まれる。長じてエンジニアとなり、1938年にアレクサンドロフ・アンサンブルに入団し、ソリストとして活躍(アンサンブルとの録音で、1936年録音とされているものがあるが、誤記かどうか不明)。入団間もないころから「カリンカ」を持ち歌とし、「ミスター・カリンカ」として知られていた。
 大祖国戦争中は、アンサンブルと共に最前線に赴き慰問コンサートを行うが、ドイツ軍は彼の歌声を聴くために砲撃を止めていた、という嘘のような話まで伝えられている。戦後は共産政権が樹立されたチェコスロヴァキア、ポーランド、ドイツなどを訪問、ロシア・ソ連の歌とともに現地の民謡などを(一部ロシア語混じりながら)原語で歌い、録音し、好評を博す。1948年のドイツ公演では、自らドイツ語の歌集を入手し、周囲を説得してドイツ語で歌唱したが、この行為がもとでソリストとしてのキャリアを終えたという噂がある。
 1952年(1956年という説もある)、ニキーチンはソリストを退き、以後、合唱団員として活動することとなる。ニキーチン本人は、後年、声の衰えを自覚し自らの意思で退いたと語っている。スターリンはニキーチンを贔屓にしており、その許可がなければソリストから合唱団員に移ることはできなかったと言われている。いずれにしても、資料となる当時の文書の多くが破棄されているため、詳細はわかっていないらしい。
 1969年1月10日、アンサンブルを退団し、四半世紀経った1994年1月6日、モスクワで没した。


※ロシア語版wikipediaの記事では記載無し。
ロシア民謡(ラリオノフ作曲):カリンカ(КАЛИНКА
1948年8月、ドイツ、ベルリンにおけるセッション録音。
チェコ民謡:ああ、何もない(ACH, NENÍ TU, NENÍ
1948年6~7月、チェコスロヴァキア、プラハにおける野外演奏会の映像。
ノヴィコフ:小麦色の娘(СМУГЛЯНКА
ニコライ・ウスチノフ(テノール)との二重唱。1945年のセッション録音。
ソロヴィヨフ=セドイ:戦友よ君は何処に(ГДЕ ЖЕ ВЫ ТЕПЕРЬ, ДРУЗЬЯ-ОДНОПОЛЧАНЕ
1948年、モスクワにおけるセッション録音。
1948年のベルリン公演。
主な録音(詳細を逐次追加)
曲   名 録音方式 録音年 ディスク番号 備 考
ああ夜よ
АХ ТЫ, НОЧЕНЬКА
セッション
モノラル
1939年 モスクワ録音。
荒波のしぶき
ПЛЕЩУТ ХОЛОДНЫЕ ВОЛНЫ
セッション
モノラル
1942年 モスクワ録音。
荒波のしぶき
ПЛЕЩУТ ХОЛОДНЫЕ ВОЛНЫ
セッション
モノラル
1950年 モスクワ録音。
ヴィスワ川
WISŁA
セッション
モノラル
1951年
6月20日
チェコスロヴァキア、プラハ録音。
美しい春の花
ХОРОШИ ВЕСНОЙ В САДУ ЦВЕТОЧКИ
セッション
モノラル
おおカリーヌシカ
ОЙ, ДА ТЫ, КАЛИНУШКА
セッション
モノラル
1939年 アレクサンドル・シロフ(バリトン)との二重唱。モスクワ録音。
カリンカ
КАЛИНКА
セッション
モノラル
1938年 モスクワ録音。
カリンカ
КАЛИНКА
セッション
モノラル
1939年 モスクワ録音。
カリンカ
КАЛИНКА
セッション
モノラル
1948年
8月
ドイツ、ベルリン録音。
小麦色の娘
СМУГЛЯНКА
セッション
モノラル
1945年 ニコライ・ウスチノフ(テノール)との二重唱。
戦友よ君は何処に
ГДЕ ЖЕ ВЫ ТЕПЕРЬ, ДРУЗЬЯ-ОДНОПОЛЧАНЕ
セッション
モノラル
1948年 モスクワ録音。
チェリョームハ
ЧЕРЁМУХА
セッション
モノラル
1953年?
波止場の夕べ
ВЕЧЕР НА РЕЙДЕ
セッション
モノラル
1945年 ニコライ・ウスチノフ(テノール)との二重唱。ヘルシンキ録音。
波止場の夕べ
ВЕЧЕР НА РЕЙДЕ
セッション
モノラル
ウラディーミル・カテリンスキー(バリトン)との二重唱。
ブラーホフのトロイカ
ТРОЙКА
セッション
モノラル
1948年
7月6日
チェコスロヴァキア、プラハ録音。
りんごの花咲く頃
ЛУЧШЕ НЕТУ ТОГО ЦВЕТУ
セッション
モノラル
1951年
8月
ポーランド、ワルシャワ録音。


赤軍合唱団の人々に戻る



inserted by FC2 system