エリセーエフ、ヴァシリー・セミョーノヴィチ

Елисеев, Василий Семёнович
テノール
1931年1月14日生
1982年8月25日没
アレクサンドロフ・アンサンブルのソリスト 1960年代所属

 テノール歌手。1931年1月14日、ロスラヴリ地区ボグダノヴォ村に農民の子として生まれる。1949年にカルーガの音楽学校に入学し、優秀な成績を修め、モスクワに派遣されグネーシン音楽学校に学ぶ。卒業後、1953年から全連邦放送でレコーディングを開始、ソ連作曲家の歌や帝政期のロマンス、オペレッタなどを歌唱した。
 1960年代初めからアレクサンドロフ・アンサンブルのソリストとして活躍を始めるが、遺された録音は比較的少なく、同時期に全連邦放送での活動も継続していた。
 1982年8月25日、頭部を強打したことが原因でロスラヴリ地区病院で死去。故郷に埋葬された。

ソカルスキー:聞けよ!(СЛУШАЙ!)
1965年の映像。
オストロフスキー:皆春のことを歌う(ВСЕ ПОЮТ НА ВЕСЕННИЕ ТЕМЫ)
ヴィクトル・セリヴァノフ(バリトン)との二重唱。
オストロフスキー:赤いカーネーション(КРАСНАЯ ГВОЗДИКА)
アレクサンドル・シビルツェフ(バリトン)、ウラディーミル・シュカプツォフ(バリトン)との三重唱。
1965年頃のセッション録音。
主な録音(詳細を逐次追加)
曲   名 録音方式 録音年 ディスク番号 備 考
赤いカーネーション
КРАСНАЯ ГВОЗДИКА
セッション
モノラル
1965年頃 アレクサンドル・シビルツェフ、ウラディーミル・シュカプツォフとの三重唱。


赤軍合唱団の人々に戻る



inserted by FC2 system