ブィコフ、ドミトリー・セルゲイエヴィチ

Быков, Дмитрий Сергеевич
バリトン
1973年1月19日生

アレクサンドロフ・アンサンブルのソリスト 1994年~2014年所属
ロシア連邦功労芸術家(2005年)
 バリトン歌手。1973年1月19日モスクワに生まれる。父はアレクサンドロフ・アンサンブル合唱団員でロシア連邦功労芸術家のセルゲイ・ニコラエヴィチ・ブィコフ(2021年5月時点で未だ現役)。イッポリトフ=イヴァーノフ記念音楽教育学校を卒業後、モスクワ軍管区歌と踊りのアンサンブルで活動を開始。1994年よりアレクサンドロフ・アンサンブルに所属、合唱団員を経てソリストに昇格、特にヴィクトル・サニンとの二重唱で知られた。2005年にロシア連邦功労芸術家の称号を授与される。2014年に退団し(2015年1月のアンサンブル公式サイト更新時に名前が外れた)、以降、ソロ歌手として活躍中。

◆ブィコフ公式サイト
ノヴィコフ:小麦色の娘(СМУГЛЯНКА
ヴィクトル・サニン(テノール)との二重唱。
2004年、ポーランド公演の映像。
ノヴィコフ:小麦色の娘(СМУГЛЯНКА
独唱ヴァージョン。2009年12月29日、極東軍管区ウラジオストク会館における演奏会の映像。
ポーランド=ウクライナ民謡:おおハヤブサよ(HEJ SOKOŁY
ヴィクトル・サニン(テノール)との二重唱。
2012年2月17日、モスクワ、コンサート・ホール「オーケストリオン」における演奏会の映像。
ポクラッス兄弟:五月のモスクワ(МОСКВА МАЙСКАЯ
ヴィクトル・サニン(テノール)との二重唱。
2013年9月7日、屋外演奏の映像。
モクロウソフ:前線の運転手の歌(ПЕСЕНКА ФРОНТОВОГО ШОФЁРА
2011年頃のセッション録音。YouTubeの説明ではオシポフ独唱とされていますが、SovMusicではブィコフ独唱となっています。


赤軍合唱団の人々に戻る



inserted by FC2 system