アパイキン、ゲルマン・ヴァシリエヴィチ

Апайкин, Герман Васильевич
テノール
1968年2月22日生

アレクサンドロフ・アンサンブルのソリスト 2008年~2012年所属
マリ・エル共和国功労芸術家(1999年)
 テノール歌手。1968年2月22日、マリ自治ソヴィエト社会主義共和国(現マリ・エル共和国)モルキンスキー地区(牧地マリ語でモルコ・クンデム)に生まれる。同共和国の首都ヨシュカル・オラの合唱団で活躍した後、サラトフに移りサラトフ音楽院に学ぶ。1993年に同音楽院卒業後、モスクワに移りグネーシン音楽大学に入学、1996年に卒業する。1994年からモスクワのゲリコン・オペラ(ヘリコン・オペラ)のソリストを務める。1996年から2003年まではトゥレツキー合唱団の一員としても活躍した。活躍が認められて1999年にマリ・エル共和国功労芸術家の称号を授与される。2003年にゲリコン・オペラを去った後、ナデジダ・バブキナの率いるポップ・グループ「ムジーキ」で歌い、2004年よりノーヴァヤ・オペラのソリストとなる。2008年から2012年にかけてアレクサンドロフ・アンサンブルのソリストとして活躍した。

 シャンドス・レコード(CHANDOS)から発売されていたショスタコーヴィチのオペレッタ「モスクワ・チェリョームシキ」(ロジェストヴェンスキー指揮)でも歌っています(こちら ずいぶん昔からこの録音、CDで聴いていましたが、綴りがHerman Apaikinだったので気が付きませんでした←普通気が付くよね)。
カールマン:オペレッタ「サーカスの女王」から軽騎兵の行進(DIE ZIRKUSPRINZESSIN)
ドミトリー・ブィコフとの二重唱、2009年6月2日スロヴァキア、ノヴェー・ザームキ公演の映像。
(「この動画はYouTubeでご覧ください」をクリックしてください)
ドゥナエフスキー:ベルリンを去って(ЕХАЛ Я ИЗ БЕРЛИНА)
2010年2月23日、モスクワ、チャイコフスキー・ホールにおける祖国英雄の日演奏会の映像。
ロシア民謡:行商人(КОРОБЕЙНИКИ)
2010年2月23日、モスクワ、チャイコフスキー・ホールにおける祖国英雄の日演奏会の映像。


赤軍合唱団の人々に戻る



inserted by FC2 system