ПЕСНЯ О 27-й КРАСНОЗНАМЕННОЙ ДИВИЗИИ

第27赤旗師団の歌
Музыка: Р. Сокк
Слова: Н. Краснопольский

ソック作曲
クラスノポリスキー作詞
В степях приволжских,
В безбрежной шири,
В горах Урала,
В тайге Сибири,

ヴォルガ河沿岸の草原へ
果て知れぬ大地へ
ウラルの山脈へ
シベリアのタイガへ
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
Струил ей песни
Иртыш глубокий,
Гимн пели кедры
В тайге далекой,

流れは歌う
深きイルティシュ川
遥かなタイガに
西洋杉の賛歌を聴く
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
На Енисее
Врагов громила,
В широкой Висле
Коней поила,

エニセイ川に
敵を粉砕し
広きヴィスワ川で
馬に水を与える
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
Ее видали
Мятежным мартом
На льду залива
Форты Кронштадта,

凍りついた湾の
クロンシュタット堡塁で
反乱者の行軍を
目の当たりにする
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
Сердитый Каспий
Словно родную
В волнах баюкал
Двадцать седьмую,

怒れるカスピ海
まるで肉親のように
波が子守歌を歌うなか
第27師団は行く
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
Сраженья стихли,
Смолк гром орудий,
Легко вздохнули
Мы вольной грудью.

戦いが終息し
大砲の轟きが静まる
我等はほんの少し
休息を取る
Стальною грудью
Врагов сметая,
Шла с красным стягом
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
進め、赤旗を掲げ
第27師団よ
И труд свободный
Оберегая,
Стоит на страже
Двадцать седьмая,

自由な労働を
守るため
警護の任に就け
第27師団よ
Стальною грудью
Врагов сметая,
Стоит на страже
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
警護の任に就け
第27師団よ
Но если вспыхнет
Сражений пламя,
Взовьется снова
Алое знамя,

だが、もしも戦火が
燃え上がったならば
赤旗を
再び掲げよ
Стальною грудью
Врагов сметая,
Пойдет в атаку
Двадцать седьмая.
Стальною грудью
Врагов сметая,
Пойдет в атаку
Двадцать седьмая.


鉄の心で
敵を討ち果たせ
攻撃にかかれ
第27師団よ
鉄の心で
敵を討ち果たせ
攻撃にかかれ
第27師団よ
 アレクサンドロフ・アンサンブルのLPでは「第27赤旗師団の歌」となっていますが、単に「第27師団の歌」と表記される場合も多いようです。第27師団は1918年11月3日に編成され、当初、第5軍に所属、シベリアのコルチャークの軍勢と対峙し、その拠点であるオムスクの攻略作戦で名を揚げました。次いで方向を転じてポーランド=ソヴィエト戦争に参加、更にクロンシュタットで勃発した水兵の反乱に対して鎮圧の主力部隊として活躍、続いて発生したヴォルガ河下流で起こった反乱鎮圧にも投入されるなど、ボリシェヴィキ政府の信頼厚い部隊として八面六臂の活躍を見せました。輝かしい戦歴を誇る部隊でしたが、独ソ戦開始直後に大打撃を受け、1941年9月19日に解散しています。

 この歌は、ボリシェヴィキ政権に対する反乱鎮圧が一段落した1923年、師団の結成5周年を記念して作られたもので、師団の参加した戦いの地を要領よく織り込んだ作詞は第27師団に政治教育担当として所属していたニコライ・クラスノポリスキー(1898-1964)が担当しました。メロディーはアマチュア音楽家で第27師団ペトログラード連隊指揮官を務めていたロマン・ソック(1894-1932)が作ったとされますが、一般には「民謡」と表記されています。

 アレクサンドロフ・アンサンブルは結成の翌年、1929年からこの曲をレパートリーにしており、1935年に楽譜を出版、1936年に録音を行っています。なお、イヴァン・ディデンコを独唱者に起用した1965年頃のステレオ録音に際し、上記歌詞のうち青色の部分が加えられたようです。


◆アレクサンドロフ・アンサンブルの初録音(1936年のセッション録音)。



楽譜もご覧ください。
inserted by FC2 system